SATOWEB(佐藤雄樹)

日曜日に起きた素敵な出来事

スポンサーリンク




写真 2013-12-01 17 48 14

日曜日の営業中、突如社内LINEに投稿された画像。

事件である。

セット面の鏡が割れている。

しかも、お客様にご指摘されて気付くという事態。

写真 2013-12-01 18 03 36

社長から原因究明の指示。

写真 2013-12-01 17 48 38

会社所有の商品の破損や、フロアの壁に傷を付ける、社用車をぶつける、、といったような事は珍しいことじゃない。

誰しもがミスをする。

大切なのは、正直に打ち明け、謝ることだ。

ごく当たり前のことだが

恥ずかしい話、特にB-THREE BLD.が出来てから、このような事が起きた時、誰も名乗り出ないことがよくあった。

もしかしたら、本人が気付いていないだけかも知れないけど、事が起きた以上、原因が分からなくなるのは、悲しいことである。

現にこういう事が起きた時、社長からそんな話をオフィスで良く聞かされていた。

何ででしょうね、どうしたら改善されるんでしょうね、

なんて話をよくしていた。

もしかしたら、今回も‥社長もそう思っていたかも知れない。

すると

写真 2013-12-01 17 49 01

名乗り出るスタッフが。

すると社長が、いきなり語り出した。

写真 2013-12-01 17 49 33

写真 2013-12-01 17 50 15

写真 2013-12-01 17 54 22

写真 2013-12-01 17 54 42

なんだこれ。

社長、かっこよ過ぎるわ。

いや、確かにごく普通の当たり前のことを言っているけど、凄く大切なことだ。

僕も何度も同じ過ちを繰り返して来たし、まだ気付いていないこともあるかも知れないし、心に手を当ててみれば、何処か自分に甘くなっていることなんてのは、誰しもがあることだと思う。

だからこその言葉だ。

世の中の社長には、何も言わずにはい、給料天引きね、とか、頭ごなしにただ怒るだけの人もいるかも知れない。

社長も、その本人だけに言うことも出来たはずだ。

だけど、敢えてB-THREE BLD.で働く全スタッフが見れる、社内LINEで社長はこの言葉を紡いだのだ。

この意味を僕たちスタッフは考えないと行けない。

この件が解決したから、はい、終わり!じゃない。

スタッフが増えれば増えるほど、こういった価値観や方針、想いにブレが出始める。人は千差万別、仕方のないことだけど、こういう些細なことの影に、大切なことが潜んでいることをちゃんと気付かないといけない。

そして、B-THREE BLD.が、SHINJU INTERNATIONALが大きくなる為に、自分達はどう在るべきか、どう行動していくべきか

自分の人生をして幸福で満たすにはどう在るべきか、どう行動するべきか、

考え続けないといけない。

答えなんてのはない。

多分、考えることをやめないこと、それが答え。

12月最初の日曜日、素敵な体験をした。

うん、12月、いいスタートが切れそうだ。

  written by 310. © SATOWEB.

この記事を書いた人

B-THREE BLD.トップスタイリスト・IT部部長佐藤雄樹 【310】
佐賀県唐津市出身。1986.6.11生。
大村美容専門学校卒業後、長崎SHINJU INTERNATIONAL入社。
B-THREE BLD. トップスタイリスト。
「美しい髪を共に創り上げることが出来る人」を目指し、お客様のライフスタイルやご気分に合わせた”似合う”ヘアスタイルを必ずご提案します。
またIT部部長として、同社WEB事業を手がけています。
何事もD.I.Y精神がモットーです。
ご予約やご相談はお気軽にLINE@から。

コメント

*
*
* (公開されません)

SATOWEBオールスターズの記事一覧

インストのすゝめ
はいどうもこんにちは。いっぺいです。もうすっかり春ですね。がっつり花粉症の自分にとっては毎年死にたくなる季節です。数年前にアレルギー検査を行った時にスギとヒノキだけがっつりアレルギー反応が出たので、もうそれ以降抗うのをやめました。薬飲んで空...
More