SATOWEB(佐藤雄樹)

TOKYO#006

スポンサーリンク




写真 2013-11-10 13 53 44

夜は!

遂に来た!

『横山健 疾風勁草編』

写真 2013-11-19 23 03 45

 

 

もうね、なんだろね、

もっかい見たい!

と、この映画を見た人は誰しも思うはず。

何か僕個人的にはモヤモヤしたまま終わったんですけど、

健さんの愚直なまでの正直さと言いますか、

大人達の中にもこんな人いるのか、とか

激しくかっこよかった。

 

以前、Twitterかなんかで

『綺麗ごとばっか言って綺麗ごとばっかまかり通す、そんな大人になりたい』

ってツイートを見て、その時に色々考えたけど、多分それって誰しもが理想で、実現するまでには相当な苦労があるんだと思う。

けど、口にしてたら遠回りになるかも知れないって思った。

いや、そんな事言える自分じゃないのは置いといて

何の根拠もないけど、そう思った。

周りに合わせたり、自分の意見とかを言わない方が、物事は平穏に進むわけで

わざわざそこで掻き回す意味なんかないのかも知れないけれど

やっぱり自分の中に曲げられない何かがあって

そのまま行くと気持ち悪いから、意思表示する、

これって実は凄く大切な気がする。

人それぞれのストーリーがあるから何とも言えないえど

何故か、映画中にその事を思い出してしまった。

多分、それを実現している人は、そういうこと考えてないんじゃないかって、

考えてるかもだけど、そのエネルギーよりも、ある種天然で気付けばそこに向かってるというか

本能みたいな意思表示を自分の中に強烈に持ってるから

そこに強烈なカリスマ性と人を惹きつける魅力が溢れ出てるんだろう。

世の中にはコンサルタントとかマーケティングとかそれ系の類のビジネスがいっぱいあって、選択の仕方だとか伝え方だとか、その手段や方法に重きが置かれてる時代だけど

そもそもそこをティーチしてる(されてる)時点で間違ってるというか

そこって教わるものじゃなく、感じるもので、

それは経験だったりから来るものなんだろうけど、

自分の中に確固たるブレないものがあれば

別に流れに乗る必要なんかなく、堂々とその道を歩めばいい。

美容師ならば、目の前のお客様だし、スタッフだし、もちろん自分も大切で、そんで結果が全てじゃないし、過程が全てな訳でもなく。

何をもって自分の道とするかってとこを、フワフワしてるとダメだなーというか、流行りとかなんたらあるけれども、どんな職種でも、一番大切なのはハートだろって

ちょっとズレたけど

健さんの映画見て、そんな事を自分に置き換えたら思った。

答えはないけども、そういうのをちゃんと考えて行きたいし、見つめて行きたいと思った。

写真 2013-11-19 22 59 57

渋谷、多かった!

written by 310. © SATOWEB.

この記事を書いた人

B-THREE BLD.トップスタイリスト・IT部部長佐藤雄樹 【310】
佐賀県唐津市出身。1986.6.11生。
大村美容専門学校卒業後、長崎SHINJU INTERNATIONAL入社。
B-THREE BLD. トップスタイリスト。
「美しい髪を共に創り上げることが出来る人」を目指し、お客様のライフスタイルやご気分に合わせた”似合う”ヘアスタイルを必ずご提案します。
またIT部部長として、同社WEB事業を手がけています。
何事もD.I.Y精神がモットーです。
ご予約やご相談はお気軽にLINE@から。

コメント

*
*
* (公開されません)

SATOWEBオールスターズの記事一覧

インストのすゝめ
はいどうもこんにちは。いっぺいです。もうすっかり春ですね。がっつり花粉症の自分にとっては毎年死にたくなる季節です。数年前にアレルギー検査を行った時にスギとヒノキだけがっつりアレルギー反応が出たので、もうそれ以降抗うのをやめました。薬飲んで空...
More