SATOWEB(佐藤雄樹)

いわゆる濃いめマット系カラー【ゴザッシュ】がキテる!

スポンサーリンク






お久しぶりのブログ投稿です。

最近、ワンパターン野郎になってたので色々と模索してたら更新が滞るという「THE 負の螺旋構造」に巻き込まれていたどうもサトウです。

この時期よくある 「春だから何か変えたい!」 というお客様のオーダーを受けて、ここ最近よくご提案させて頂いているマット系カラーについて記事にしてみたいと思います。

マット系カラーとは?
日本人特有の赤味を抑える為に存在する「緑」を多く含んだカラー。仕上がりとしては柔らかいベージュのようなクリーミーなブラウンになるカラー剤。

最近はマット系も認知が広がってきたように思いますが、たまに雑誌等々の企画で”このカラーはマット系です”と紹介されているカラーがどう見てもベージュにしか見えない時ってのがあります。ないですか?それベージュじゃないの?みたいなこと感じたことある方もいるかも知れません。

分かりにくい。実に分かりにくい。

というのも、このマット系カラーというのは、やもすれば肌色がくすんで見えたりする人もいたり、「緑」が全面的に出ちゃうと

お前それバッタじゃね!もしくはナメック星人じゃね! みたいなことになってしまったりして、「マット系という括り」で紹介するのはリスクというか、おすすめしづらい色でもあると個人的には感じています。

特にグレイやシルバー、アッシュブルーといった寒色系カラーが登場してからは頻度もそこまで高くなかったカラー剤だと思っています。

ただ、ここ数年の流れだと、このマット系に限らず、彩度をガッツリ出すヘアカラーへの障壁が低くなってきている(一般的に受け入れられやすくなっている)のが実感としてあります。これは「外国人風カラー」というセンセーションがそうさせているのかも知れませんね。

と言う事で、前置きが長くなりましたが、

私はマット系をご提案する場合、 お客様が「緑」を感じれるくらいの仕上がり にする事が多いです。

茣蓙のようなヘアカラー、通称 「ゴザッシュ」 です。猛爆

最近ゴザッシュにしたゴザリスト達↓↓↓

色味で言うと、

◯オリーブ
◯カーキ
◯ライム
◯モスグリーン

みたいな感じをイメージして頂くと良いかと思います\(^o^)/

ゴザッシュ候補の人達


◯ある程度ベースの髪が明るい方
◯色白のお肌の方
◯髪の毛は割と軟毛な方だ
◯メイクやファッション、お洒落が好きな方
◯個性的なものが好きだ
◯波巻きが好きだ

的な感じの方は非常におすすめです。系統的には「アッシュ系」に分類されるので、アッシュ族の方にもなし一度是非お試しください\(^o^)/


【電話予約】0958245975

【ネット予約】ネット予約はコチラ

【LINE@で予約】

この記事を書いた人

B-THREE BLD.トップスタイリスト・IT部部長佐藤雄樹 【310】
佐賀県唐津市出身。1986.6.11生。
大村美容専門学校卒業後、長崎SHINJU INTERNATIONAL入社。
B-THREE BLD. トップスタイリスト。
「美しい髪を共に創り上げることが出来る人」を目指し、お客様のライフスタイルやご気分に合わせた”似合う”ヘアスタイルを必ずご提案します。
またIT部部長として、同社WEB事業を手がけています。
何事もD.I.Y精神がモットーです。
ご予約やご相談はお気軽にLINE@から。

コメント

*
*
* (公開されません)

SATOWEBオールスターズの記事一覧

インストのすゝめ
はいどうもこんにちは。いっぺいです。もうすっかり春ですね。がっつり花粉症の自分にとっては毎年死にたくなる季節です。数年前にアレルギー検査を行った時にスギとヒノキだけがっつりアレルギー反応が出たので、もうそれ以降抗うのをやめました。薬飲んで空...
More