SATOWEB(佐藤雄樹)

写真の仕事をしててよく聞かれる事について

スポンサーリンク




写真の仕事をしててよく聞かれる事について。

SATOWEBを御覧の皆様、はじめまして佐藤雄樹くんとは別人のサトーです(笑)
佐藤雄樹くんとはTwitterとラジオで知り合い栄えあるSATOWEB〜2nd season〜のコラムを書かせて頂く事となりました。
『おまえはだれやねん?』と思う方もいらしゃると思うので簡単に自己紹介からさせて下さい(^_^;)
名前はサトウケイスケと言います。
普段は営業写真館(俗に言う町の写真館)で主にウェディングや成人式、赤ちゃんや御夫婦の写真を撮っています。18歳からこの世界に入りかれこれ十数年になります。
そして昨年からプライベートでエクストリームスポーツの写真を撮りはじめました。
ちなみにプライベートの写真を撮る際は本名は使わずSamuel Sato’oという名前を使ってます(笑)

Facebookページからもご覧いただけると嬉しいです。

Security Check

No Description

さて、前日Twitterで初コラムの内容についてアンケートを取った結果、『写真の仕事をしててよく聞かれる事について』からお話しさせて頂きます。

まず一番多いのは“そのカメラ高いんでしょ?”です(笑)圧倒的に一番多く聞かれます。撮影の度にお客様に言われたり、スケーター達にも言われます。。。
僕の返事としては「俺のカメラは同業者の中いくとかなりリーズナブルだよ。」と答えて「あなた達被写体やヘアメイクが良いからよく撮れるんだよ♡」と言ってカメラの値段に関しては… にしておきます(笑)

次に多いのが『センスないと出来ない仕事だよね?』です。。。。。
プロフォトグラファーの撮影ジャンルにもよりますが僕が仕事で撮影しているウェディングについては先天的なセンスよりも「どうやったら被写体が貰って嬉しい写真が撮れるか?」「どう撮ったらこの被写体は綺麗に美しくなるのか?」を常に考えてチャレンジ出来る人の方が強いと思うトコロが本音です。

あとは、『作品って撮ってますか?』と
『儲かるでしょ?こんなに高いんだから…』
ですね。。。

作品に関しては積極的に撮影している人も最近は増えてきてます。僕の場合、作品撮りっていうよりはやっぱり被写体が貰って嬉しい少し自慢したくなるような写真を撮ってあげたいってのが出ちゃうのでエクストリームを撮る時もTRICKのピークはどんな形なのか?
どーゆームーブの感じにこだわってるとか聞いて撮影をするので純粋に自分の作品ってのとは少し違うのかな?と思っています…
撮影をさせて貰った被写体の方が『作品』といえば作品になるかな?という認識ですね。

『儲かるでしょ?』に関してはハッキリと断言します!!!!!!!!!!!!!!!!
全く儲かりません。。。。。
多くの皆さんのイメージのフォトグラファーはテレビに取材を受けたり情熱◯陸に出るような日本でトップクラスの方を見てそう言われるようですが、実際多くのカメラマンさんは結構カツカツでがんばってます 汗
お客様に高いと言われる事に関しても、欧米や、韓国・中国はウェディングの写真にとてもウェイトを置いてるので日本に比べて金額はかなり高いです。日本だとウェディングの写真は高くてアルバムまで作っても20万〜50万くらいですが、僕が知ってるアメリカのウェディングフォトグラファーさんだと撮影料金だけで50万〜100万くらいです。
※もちろん安い方もいるそうですが…
それを高いと感じるか、安いと感じるかは僕らプロの腕でお客様のニーズを満たして更にそれを超えていけるかだと思いますし、最近スマホやデジカメの普及で写真がみなさんにとって身近になってきた事は凄く良い事だとも思いますが、これは今後僕らプと言われるフォトグラファーが努力を怠れないという状況だと思いますので今後も精進していく所存です!

この拙い文章の成長と共に写真もモチロン成長していく気持ちを常に持ち“幸せな時を美しく”をモットーに頑張って参りますので今後ともSATOWEB共々よろしくお願い申し上げ、初のコラムとさせて頂きます。

ご拝読ありがとうございました。

追伸
このコラムを書く場を頂いた310さん、いっぺいさん、みずきさん、マイコさん。本当にありがとうございます。

最後に…

サトラジの視聴もよろしくお願いします(^^)v

Samuel Sato’o

この記事を書いた人

サミュエルサトー
本業はウェディングフォトグラファー。裏でエクストリームフォトグラファーやってます。

SATOWEBオールスターズの記事一覧

インストのすゝめ
はいどうもこんにちは。いっぺいです。もうすっかり春ですね。がっつり花粉症の自分にとっては毎年死にたくなる季節です。数年前にアレルギー検査を行った時にスギとヒノキだけがっつりアレルギー反応が出たので、もうそれ以降抗うのをやめました。薬飲んで空...
More